たろきんブログ

胸を張って生きろ 心を燃やせ

持ち家か賃貸かへの考え方~お金の話

 

持ち家派か賃貸派か

金融資産を使って3000万円の賃貸マンションを自分の物にすれば

マンションは自分の物になりますが、金融資産はなくなり

投資に回していた場合の配当を受け取る権利がなくなります。

今日はこの他に持ち家か賃貸かを決めるために必要な要素を

お伝えしていこうと思います。

僕は賃貸派ですが、偏った見方はせずに書いていきます。

そもそもの考え方として理解されないかもしれませんが

持ち家とは自分への不動産投資

持ち家とは賃料の発生しない不動産投資です。

多くの人が持ち家の購入は投資ではないと言います。

何か別な物だと信じています。

投資用ワンルームマンションなどを購入して、それを他人に

貸すことが不動産投資とされているからです。

リスクのある投資はしないと豪語する人が

何千万円もの物件を住宅ローンを組んで購入します。

しかし、これは完全な誤解です。

持ち家の購入は不動産投資そのものだからです。

購入した家に自分で住むか、他人にかすかは利用法の違いに過ぎません。

持ち家を自分で自分に不動産を貸しているということです。

家賃として支払われているお金は自分の右ポケットから左のポケットに

移動するので、目に見えないだけなのです。

この見えない家賃を帰属家賃と経済学では呼びます。

この帰属家賃を考慮すると賃貸より持ち家の方が有利だとされています。

賃貸の場合、賃借人から大家に支払われた家賃は、不動産所得として

課税対象になります。

大家は税金を払わないといけないので、期待した収益を得るために

税金分を家賃に上乗せすることになります。

それに対して持ち家は所得税が課せられません。

家賃に対して税金を払わない持ち家は有利になります。

それでは賃貸より持ち家の方が良いのでしょうか。

それは違います。

なぜなら住宅ローンで不動産を購入した人は、銀行に利息と元金を

返済しています。

これはローン残債がなくなる35年間続きます。

さらに35年ローンを払い終わった頃には家の価値はほぼ0になっています。

思い出などの幸せが詰まっていますね。

賃貸だと物件を返却することで、いつでも好きな時に解約できます。

また新しい綺麗な家に住むことができます。

まとめ

持ち家か賃貸かはどちらにも一長一短があるのですが

個人的に思うのは持ち家は自由がきかなくなる

可能性が高いということです。

35年間その場に縛られていると言っても過言ではないです。

それなら賃貸で身軽に移動できる方が楽だと思います。

1人1人の考え方感じ方があるのでそこも自由ですが

経済的自由を手に入れるなら賃貸でいきましょう。

 

コツコツ勉強して一緒にお金持ちになりましょう

 

ありがとうございました

 

引用参考文献:お金持ちになれる黄金の羽の拾い方

    著者:橘 玲

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)