たろきんブログ

胸を張って生きろ 心を燃やせ

投資の話~不動産投資を勉強せずに始めた人はカモになる

 

知識を身につけずに不動産投資はしてはいけない

今日は不動産投資について解説していきたいと思います。

不動産投資を何も勉強せずに始めるとカモになるだけです。

しっかり勉強して始めましょう。

2033年には日本の住宅の30%が空き家になると

言われています。

人口が減っているのに住宅が増えているからです。

そして不動産投資には教訓にすべき話があります。

それはかぼちゃの馬車と呼ばれています。

2018年に起きた問題で、他人にすすめられた不動産投資を

やってはいけないということがわかります。

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズ

が破綻。オーナーに約束どおり賃料が払えなくなり、約700人が現在も

借金地獄に苦しんでいます。

このとき投資家のほとんどは、サラリーマン大家さんで濡れてで粟に

憧れた働く世代でした。

オーナーの大半は静岡の地銀であるスルガ銀行から融資を受けて

シェアハウスを建設していました。

スマートデイズがその全室を借り上げるサブリース契約にて

30年間借り主が現れなくても決まった賃料を保証すると約束されて

いました。

この仕組みのなかで多額の融資をしていたスルガ銀行

ローン契約が欲しいばかりに審査に不正があったと認めています。

このように不動産投資では不労所得を夢見た人をカモにしようと

している人が多くいます。

不動産投資は投資でなく事業

不動産投資は投資という名前がつきますが実際は事業経営です。

しっかりと経営しない借金地獄です。

不動産投資のリスクを知って対応することができるように

なれば良い経営ができるようになります。

おいしい話はおいしくないです。

ここからは不動産投資のリスクについて書いていきたいと思います。

当然のことですが、不動産投資は空室になったら家賃は入ってきません。

それでも借入金返済は毎月発生します。

また賃貸人が家賃滞納することもありますし、設備が壊れて

新しいものに交換することも多々あります。

建物が老朽化すればリフォームも必要です。

そして老朽化とともに家賃を引き下げなければ賃借人もつきません。

またマイナス金利政策が終われば借入金の金利上昇、家賃相場の下落

不動産価格の推移など経済にも敏感でなくてはなりません。

さらに節税や確定申告、契約更新手続きなど経理や事務能力も

必要になるかもしれません。

これらのリスクをカバーしつつ運用しなければなりません。

まとめ

なかなか不動産投資の世界は厳しいですね。

しかし逆に考えればこれらの障壁を乗り越えることができれば

不動産投資は成功するということです。

大きな石を山から転がすときに最初に動かすことが

一番重く大変ですが、転がすことができれば勝手に転がっていきます。

コツコツと努力して最初の転がしを達成しましょう。

勉強して一緒にお金持ちになりましょう。

 

ありがとうございました

 

引用参考文献:山崎元のやってはいけない資産運用

    著者:山崎元

 

山崎元の“やってはいけない”資産運用 (TJMOOK)
 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)

 

お金持ちになる人の資産運用に使う時間

 

あなたの資産目標は?

お金持ちになる人もならない人も、資産に関して同じ目標を持っています。

次のことを目標にしています。

  • 引退するまでに十分な資産を作ること
  • 資産を増やすこと
  • 値上がりの期待できる資産で財産を増やすこと
  • 元手を減らさず財産を増やすこと

しかし目標を持っているからといって、実際に努力しているとは限りません。

誰だってお金持ちになりたいでしょう。

実際にそのために時間、エネルギー、お金を使っている人と

なると数はぐんと減ってしまいます。

お金持ちほど投資に時間をかける

以下の項目に大半のお金持ちになら人はイエスと答え、

ならない人はノーと答えます。

  • 資産計画に多くの時間を割いているか?
  • 資産運用の時間は十分か?
  • 他のことに優先して資産管理に時間を割くか?

逆にお金持ちにならない人は、以下の項目にイエスと答えます。

  • 投資のために十分な時間をかけていない
  • 忙しくてお金のことに時間を割けない

実際、お金待ちになる人とならない人では、

投資にかける時間にはかなりの開きがあります。

所得の多寡に関わらず、資産額と資産計画にかける時間の間には

綺麗な相関関係がありました。

ある調査で中レベルの所得を得ている854人に尋ねた結果でも、

資産計画にかける時間と資産の額は正比例していました。

なぜ多くの人は資産運用に時間をかけないのでしょうか。

それは次のように考えるからだということが調査でわかりました。

  • とうてい無理だ
  • 成果が出るほどじっくりやる時間がない
  • こんなに稼いでいるのに、稼げばかせくほどお金が貯まらなくなる気がする
  • 使える時間全て仕事に使っている
  • 週に20時間も投資だなんだとやっている暇はない

お金持ちは1年間にどれだけ資産運用に時間を割くのか

お金持ちになる人も週に20時間も使っているわけではありません。

平均的な収入で資産を上手に貯めている層でも、

資産運用に月8.4時間、年間にして100.8時間しか使っていません。

一年は8760時間だから約1.15%の配分です。

お金持ちにならない人は平均月4.6時間、何にして55.2時間使っています。

100.8対55.2なので、お金持ちはそうでない人に比べて

1.83倍の時間をかけています。

言い方をかえれば、お金持ちになる人は使える時間の1.15%、

お金持ちにならない人は0.63%を配分しています。

まとめ

あなたは月にどれだけ資産運用について考えていますか?

お金のことを考えずに使っているなんてこたえは絶対ダメです。

お金のことはお金のプロに任せているから大丈夫なんてことはありません。

ファイナンシャルプランナーや保険のセールスをする人は

あなたのお金で収入を得ています。

あなたを食い物にしているといっても過言ではありません。

自分でやりましょう。

投資はシンプルです。

経済的自立を目指すには自分で資産を築くしかありません。

コツコツ勉強して一緒にお金持ちになって選択の自由を手に入れましょう。

 

ありがとうございました

 

引用参考文献:となりの億万長者

    著者:トマス•J•スタンリー

      :ウィリアム•D•ダンコ

     訳:斎藤聖美

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)



 

お金の勉強~妻や夫が浪費家だったら

 

資産を大きくするには配偶者が鍵を握る

高額所得の家族構成は、夫婦と子供という場合が多いです。

高額所得者であるサウスさんとノースさん両家を例にして見てみましょう。

資産を築いていくことに関して配偶者の存在は大きいです。

倹約•消費•投資を配偶者がどう考えるかで、

その家庭の資産状況は大きく変わります。

財布のヒモが堅いのは誰でしょうか。

ノース家では夫婦とも堅いです。

収入よりもはるかに低い支出で生活し、二人で年間予算の作成に

じっくり時間をかけています。

中古の自動車でも文句をいいません。

毎年何にいくら使ったかをきちんと把握しています。

しかも倹約しているといっても、3人の子供たちに不自由な思いを

させているわけではありません。

子供のために用意した学費口座から大学や大学院の学費を払い、

子供たちが家を買ったときにも援助しています。

一方、サウス家の方はというと、子供のために学費口座を

用意していないので、教育費は全て現在の収入から支払うしかありません。

まあまあの収入でも倹約家の夫婦だったら

まあまあの収入しかなくても、夫婦ともども倹約家だとしたら、

資産を築いていく可能性は高いです。

ですが、どちらか一方でも浪費家であればそれは難しいです。

夫婦の間で金銭感覚が違うとき、しさんを築くのはなかなか困難なのです。

最悪のケースは夫婦ともに浪費家の場合です。

サウス家はこのタイプに該当しました。

おもしろいことに夫は、家では自分が倹約家だといいます。

たしかに妻と一緒に買い物に出かけて、妻が使いすぎると

文句を言うかもしれませんが、高額所得である彼の収入を全額使い切るには

妻一人では無理でしょう。

資産が増えないのは二人の責任でした。

所得が上位0.5%に入ろうとも

サウスさんの資産を築くための努力を見てみましょう。

彼は貯蓄や投資に関することや、家計予算について計画を

立てていませんでした。

妻もやっていません。

サウス家では、家族が話し合ってお金を使う仕組みができていません。

家族が勝手に使っています。

この調子で使っていたら、お金の心配なしに引退生活を送るのは

無理というものです。

まとめ

お金をどれだけ稼ごうとその分使っていれば、当然ですが

資産を築き上げることはできません。

収入の多い少ないは資産を築いていく上であまり関係ありません。

収入が多ければ、それだけ早く資産を築くことはできますが、

少なくても少しづつ投資に回していけば増やすことができます。

お金を貯めるのことのできないサウス家のようにあればあるだけ使う

生活スタイルは、周りの人から見れば魅力的にうつります。

高級車に乗り、豪邸に住む生活に憧れるでしょう。

しかし本当に良いことでしょうか。

毎日稼ぎ、毎日使う。お金を使うために働くことは、

お金の奴隷になっているのと同じではないでしょうか。

お金を自分の時間を自由に使えるために増やしませんか?

物を得るよりも自由になる方がよほど価値があります。

コツコツ学び投資をして、経済的自立を目指しましょう。

 

ありがとうございました

 

引用参考文献:となりの億万長者

    著者:トマス•J•スタンリー

      :ウィリアム•D•ダンコ

     訳:斎藤聖美

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)



お金持ちのお金の流れを図で説明する~投資の勉強

 

お金持ちになる人ならない人

今日はお金持ちになる人ならない人についてお話ししたいと思います。

お金持ちになる人、ならない人の違いは自分自身の持っている

お金の流れです。

ではどのようにお金の流れが違うのか見ていきましょう。

まず貧乏な人のお金の流れから見ていきます。

貧乏な人のお金の流れは、収入が入るとそのまま食費などの生活費で

お金が出ていき毎月お金を残すことができていない人をいいます。

f:id:malonchang:20201206091147j:plain

引用参考:AllAbout 

金持ち父さんロバートが語る!金持ちになる5ステップより

 

上の画像の流れが貧乏な人のお金の流れです。

この貧乏な人のお金の流れをお金持ちの人の流れにしていくことによって当然ですがお金持ちになっていくのです。

お金持ちになれない人は負債を大切にする

貧乏な人の流れから収入が増えていき

中流の人のお金の流れになっていきます。

仕事で給料が上がったり、結婚して共働きになったりするからです。

世の中には中流のお金の流れの人はすごく多いです。

中流の人は生涯を通してお金がないことに頭を抱え続けます

それは自分自身が持っているものを資産だと思い込んでいるからです。

資産だと思い込んでいるものが実は負債だったら大変なことですよね。

一体その負債とは何か。

それはマイホームやマイカーのことです。

f:id:malonchang:20201206091153j:plain

 

 引用参考:AllAbout

金持ち父さんロバートが語る!金持ちになる5ステップより

これが中流の人のお金の流れです。

給料が入ると生活費などと一緒に住宅ローンなどの返済に追われます。

先ほどマイホームを負債だと言いましたが、資産だと思っていた人も

多いのではないかと思いますので、ここで負債の説明をしたいと思います。

負債とは持っているとお金を減らしていくものです。

逆に資産とは持っているとお金を増やしてくれるものです。

マイホームや自動車はどうでしょうか。

持っているとお金を減らしていきますよね。

資産的に見れば家は負債です。

まあ家族が喜んでいて幸せというのが1番だと思いますが、それはまた別の話です。

お金持ちになる人のお金の流れ

それでは最後にお金持ちの人のお金の流れを見ていきたいと思います。

お金持ちの人は資産を持っています。

f:id:malonchang:20201206091159j:plain

引用参考:AllAbout

金持ち父さんロバートが語る!金持ちになる5ステップより

 

資産を持っていると言いましたが、資産の種類として不動産や株などがあげられます。

この資産が収入を生み出して

さらに収入を生み出すようになっていくのです。

この流れを作ることがお金持ちになるには必須条件です。

しかし貧乏なお金の流れを持つ人がこの流れを作ることは

難しいように感じるかもしれません。

不動産や株など持てないよと思うかもしれません。

これから少しずつ持てばいいのです。

先程言った持っているとお金を減らしてしまうものをなくしていき、その使っていたお金をコツコツと投資に回していくのです。

この作業を地道にすることでお金がゆっくりですが増えていきます。

コツコツすることで将来の大きな報酬を獲得しましょう。

引用参考文献:金持ち父さん貧乏父さん

      :ロバート・キヨサキ

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)

タバコを吸わないだけで1000万円貯めれる〜お金の勉強

 

タバコを吸わないだけでも

収入が少ないから投資に回すお金がなかったと弁護する時があります。

しかし、ちょっと考えてみてください。

あなたは毎日タバコを1箱吸っています。

1年は365日だから年に365箱になります。

30年間吸っていれば、7300箱が煙に消えている計算になります。

金額にすれば365万円(一箱五百円計算)です。

タバコ代をはした金としか思わず、いくらかかるか

考えたこともないかもしれません。

しかし地理も積もれば山となります。

わずかなお金も投資し続けていけば大きな金額になります。

タバコ代を投資に回していたら

タバコに使ったお金を、インデックスファンドに投資していたら

どうなっていたでしょうか。

30年後にはは1200万円近くになっています。

タバコ銭がそんな資産になり得るとは、思いもしなかったでしょう。

タバコの習慣を改めるだけでも、資産を大きく増やすことができます。

もし誰かが資産の自己増殖メカニズム、複利計算、不労所得のこと

教えていたら、タバコを吸う人は全く別の人生を送っていたかもしれないのです。

蓄財劣等生の悪い癖をなくすには

この先何年、今のライフスタイルを続けることができるでしょうか。

もし今日仕事をやめたら、何年今の生活水準のままで生活できるでしょうか。

たった1年しかもたないという人は非常に多いのではないでしょうか。

どうりでせっせと働くわけです。

今のままでは快適な老後を迎えることは不可能でしょう。

先のことを考えて生きましょう。

まったく見込みがないというわけではありません。

蓄財優等生になろうと思えば誰でもなれます。

今から始めましょう。

最初に必要なのは生活改善の堅い決意

最初に必要なのは生活改善の堅い決意です。

これがなければ始まりません。

生活に必要のないものを全て切り捨てる覚悟が必要です。

タバコはもうやめましょう。

吸っていない人でも何か無駄がないか考えてみてください。

小銭でも塵も積もれば山となります。

生活を変えることは容易ではありません。

その決意が出来る人は違いを出していけます。

扉は開いています。

そして資産を築くために、課税所得となる現金所得を最小限に抑え、含み益(現金を伴わない資産価値増加)を最大限にしていきましょう。

つまり生活を変える決意をしたとは、捻出したお金を

投資に回していくということです。

そうすれば10年後には今と全く違う生活が待っています。

おわりに

あなたは毎日自分の人生を生きれていますか?

行きたいと思える職場に行けていますか?

働きたくないけど、働くしかないという環境に

身を置いていないでしょうか。

これが当たり前だと思って、休みの日、給料日を

待ち遠しく思っていないでしょうか。

そんな人は生活を変える決意をしましょう。

投資をコツコツとすれば10年後、20年後には選択する

自由を得ていくことができます。

それは行きたい職場を選ぶこと、行きたい場所を選ぶ自由です。

お金をただ買い物に使うのではなく、投資に回せばそんな人生が待っています。

さあ始めましょう。

扉はあなたの目の前で開いています。

 

ありがとうございました

 

引用参考文献:となりの億万長者

    著者:トマス•J•スタンリー

      :ウィリアム•D•ダンコ

     訳:斎藤聖美

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)



 

不動産投資を廃屋物件から始めよう~投資の勉強

 

やりたい人10000人やる人100人続ける人1人

今日は不動産投資について考えていきたいと思います。

仕事がしんどいから投資をして収入を増やしたいと考える

人は多いと思います。

しかし考えても行動に移す人はとても少ないです。

行動を起こす人は100人に1人ぐらいです。

行動を起こさない人は行動するタイミングがわからないと

言ったりしますが、実際に行動できない人はどこかで

まだ今の状況に居心地の良さを感じているのです。

今の状態から変わろうとするのは勇気がいります。

しかしその勇気を出せば大きな収入を得られるチャンスが生まれます。

行動して一緒にお金持ちになりましょう。

不動産投資で成功するための条件

不動産投資で成功するための絶対条件は

融資を上手に取り入れることです。

不動産投資の大きな魅力としてレバレッジ

かけられることがあげられます。

レバレッジとはテコの原理のことで、小さい元手で大きなお金を

動かすことができるということです。

このレバレッジの使い方を間違えると大変なことになります。

お金をしっかり稼ぎ出せない物件、所有するだけで莫大な経費が

かかる物件を高金利で借りてしまうのは失敗です。

また不動産の世界では結果を出していない人は自然に淘汰されます。

何をもって結果というのか。それはお金を得ることです。

自分がたどり着きたいところまで行かずに諦めてしまう人が大勢います。

継続できない理由として考えられるのは瞬間的なモチベーションで

動いている人、そして確固たる決意がないことです。

今の状況から脱出したい、より良い暮らしを実現したい、自由が欲しい

強く切望しなければ投資は続けることはできません。

不動産投資は楽な投資じゃない!

不動産投資は楽して儲かるものではないのです。

成功し続けている人であっても、ごく自然にそれが実行できている人は

極めてまれなケースで、大半の成功者は満たされない気持ち、反骨精神

をパワーにしています。 

成功に至るまでは失敗と挫折の経験があるものです。

諦めてしまう人は自分に都合の良い理由を見つけるのがうまいです。

大事なのはブレない心とやり続ける心です。

この気持ちを持った人におすすめする選択肢の一つとして

まず購入する物件はボロボロすぎる物件

資産価値が全くない物件、修繕費がかかる物件というものがあります。

理由としてはとにかく安いからです。

貯金や収入があればまた違う選択肢がありますが、ここでは

お金のない人の不動産投資

お金のない人が始める不動産投資を考えていきたいと思います。

廃屋物件とも言える物件を購入して高利回り投資物件に再生させるのです。

1棟目として廃屋物件を購入して高利回り投資物件を作り上げたところから

社畜脱出への道がスタートします。

コツコツ学び一緒に経済的自立を目指して、

自由な人生を手に入れていきましょう。

 

ありがとうございました

 

 

引用参考文献:50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法

    著者:小嶌大介

 

50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法

50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法

  • 作者:小嶌大介
  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)



 

あらゆる偉業は行動ではなく習慣によって成し遂げられる

 

良い習慣を手に入れたと皆が思っている

僕たちは良い習慣を身につければ成功できます。

そんなことはみんな知っています。

でもできません。。

なぜでしょうか。

そもそも習慣とはなんでしょうか。

毎日無意識のうちに同じ行動をとっています。

それを繰り返すことを習慣と呼びます。

その習慣がより良いものになれば

自分自身の未来も良いものになります。

イチロー選手は常軌を逸するトレーニングを

繰り返すことで習慣にして大成功を収めています。

そんなことわかっていると思います。

みんな習慣が大切なことなんて知っています。

でも目の前の誘惑に負けてしまいます。

あらゆる偉業は習慣によって成し遂げられる

天才と呼ばれるのはみな

普通のことを普通では考えられないほど続けている結果です。

目の前の誘惑に負けずに将来の自分をイメージして

良い習慣を身につけた結果が天才と呼ばれるのです。

「私たちは繰り返し行なっていることの結果である。

だからあらゆる偉業が行為ではなく、習慣によって成し遂げられる」

アリストテレス*1は言っています。

つまり良い習慣を身につければ誰でも成功することができるのです。

もうそんなことわかってますよね。

普段の生活の中で考えてみても

運動を習慣にしようと考えても運動が続かなかったり

お菓子をやめようと思っても食べてしまったりと

意思に負けてしまったことはたくさんあると思います。

なぜこのようなことが起こってしまうのか。

それは報酬と罰則という存在があります。

目の前の甘いお菓子を食べて幸せな気持ちになるのは一時的な報酬です。

しかし食べ過ぎてしまえば不健康になってしまいます。

糖尿病になってしまうかもしれません。

これが罰則です。 

今のは習慣を身につけられない人の考え方です。 

習慣を身につける人の考えは違います。

お菓子を食べると太る、不健康になる=罰則

お菓子を食べなければ理想の体型になれる=報酬

これが習慣を身につける人の考え方です。

さらにここに習慣が身につかないようにしている性質があります。

その性質とは双曲割引と呼ばれます。

人間に備わる双極割引とは

目の前の報酬を過大評価し、将来にある報酬や罰則を過小評価して

しまうという性質です。

お菓子を食べるという目の前の欲求を満たす行動の方が

将来我慢してより健康な状態になることを過小評価してしまうのです。

どうしても目の前の甘いお菓子の誘惑がイメージしやすく

将来の痩せている姿を想像できないという単純な法則です。

この性質に勝って将来の報酬のためにコツコツと努力を

継続することができればより良い結果が生まれます。

いつも続けたいけど続かないことはより鮮明に目標を描くことから

はじめましょう。

そしてイメージできれば目の前の出てくる誘惑は

将来得られる報酬に比べれば小さいものだと理解するのです。

 

良い習慣を身につけて一緒にお金持ちになりましょう。

 

ありがとうございました

 

引用参考文献:ぼくたちは習慣で、できている

    著者:佐々木典士

 

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

  • 作者:佐々木 典士
  • 発売日: 2018/06/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by たろきん (@tarokin.toshi_)



*1:古代ギリシアの哲学者。西洋最大の哲学者の1人。